ピカソスイッチメイン画像

‘Picasso Switch’ Art Expedition

‘Picasso Switch’ Art Expedition is the name of an activity commission. It is the backbone of the fairy door project. ‘Picasso Switch’ was named after Pablo Picasso, who is the Spanish artist. He said, “Every child is an artist. The problem is how to remain an artist after we grow up. …I finally got to draw like a child. It was a long journey,” Picasso celebrates drawing like a child. It is free. It is bold. We want to say let’s switch to representing tings as freely as a child.

 

主な活動

・「夢の森制作計画」(アートイベント)主催 
・「湖南市三雲学区まちづくり協議会アートイベント」滋賀県湖南市委託事業
・「しが☆学び発見」滋賀県教育委員会主催 冒険遊び場ブース・アートコーディネイト
・「ダンボールでまちを作ろう」滋賀県子ども未来基金助成金事業(アートイベント)主催
・「こどもアートまつりin能登川」 アートブース委託
・「自分だけの音を見つけ出そう」(アートイベント)主催 
・「親子で布テープカバンつくり」東近江市立市辺幼稚園より委託事業
・「つくるよろこび体験塾」 イベント依頼開催
・「第2回ダンボールでまちを作ろう」滋賀県子ども未来基金助成事業(アートイベント)主催
・「遊びのノウハウ」講演 甲良町保険福祉センター
・「自分だけの音を見つけ出そう2」主催  
・「第3回ダンボールで妖精のまちを作ろう」滋賀県子ども未来基金助成事業(アートイベント)主催
・滋賀県ミシガン州(USA)アーティスト交流事業  Art from the Lakes‐湖からの芸術‐ワークショップ「空に描く自己紹介」in瑞穂  
・「まちなか二五八」イベントプロデュース (八日市アーバンデザインセンターより依頼)
・「愛東秋まつり・子どもアートイベント」開催 (愛東まちづくり協議会より依頼)
   など他多数

パブロ・ピカソの「誰でも子どものときは芸術家であるが、問題は大人になっても芸術家でいられるかどうかである」「ようやく子どものように絵が描けるようになった。ここまで来るのにずいぶん時間がかかったものだ」といった語録より、子どもはもとより大人(社会)ももう一度この表現という自由な行動のスイッチを入れようという考えから生まれました。